2012年06月11日

日本の歌謡曲でiTunes全米ジャズチャートで1位獲得!! 「由紀さおり」


由紀さおり



由紀さおり1.jpg

由紀 さおり(ゆき さおり、本名;安田 章子(やすだ あきこ)、1948年11月13日 - )は、群馬県桐生市出身の歌手及びタレント・女優・ナレーター。安田音楽事務所所属。血液型はA型。身長156cm、体重は59kg。洗足学園第一高等学校卒業。姉は歌手の安田祥子。姉とシンガー・ソング・コメディアンを自称(正しくはシンギング・コメディエンヌ)。

桐生市に生まれ、3歳時に横浜市へ移る。少女時代から姉の安田祥子と共に、本名の「安田章子」名義で童謡歌手として活躍。1965年にキングレコードから「ヒッチハイク娘」(安田章子名義)で歌手デビューを果たすも、ヒットに恵まれず停滞の時代に入り、童謡歌手時代から行っていたCM曲やテレビ・ラジオ主題歌の吹き込みや、「大人の世界を歌えるように」という修行の意味合いもあったキャバレー・ナイトクラブへの出演を行いながら雌伏のときを過ごす。

夜明けのスキャット3.jpg

1969年、再起をかけた「夜明けのスキャット」(TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のOPとして制作。ソフト化の予定は無かったが、リスナーからの問い合わせによって新たに歌詞が加えられシングル発売された)が当時の最終的には150万枚[1]のミリオンセラーとなる大ヒットとなり、この年の暮れには念願だったNHK紅白歌合戦(第20回)にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続出場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの優れた歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。

実力派歌手として人気を集める一方、そのタレント性を見込まれてバラエティー番組からも引く手あまたとなる。『8時だョ!全員集合』で競演したいかりや長介からの薫陶を受けコメディエンヌとしての才能も開花、『全員集合』や『ドリフ大爆笑』においては最多ゲスト(「大爆笑」は一時レギュラー出演)となり、コントの「オチ」を任せられる程になる。また1995年から2006年にかけて、NHKの『コメディーお江戸でござる』(のち『道中でござる』)でも準レギュラーで出演し、プロの喜劇人である伊東四朗と息の合った掛け合いを見せるなど実力の健在ぶりをアピールしている。現在も、以前より出演頻度は減ったものの『ライオンのごきげんよう』や『ダウンタウンDX』などの番組等にゲスト出演している。
由紀さおり2.jpg

1980年代になると、テレビ司会者・タレント・女優としての活躍が目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていく。1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を好演し、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説『チョッちゃん』で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露し話題となった。

1985年より姉・安田祥子と共に童謡コンサートをスタートさせ、徐々に歌手活動に再び重点を置くようになる。1986年には童謡アルバム『あの時、この歌』を発表し、同年の暮れには第28回日本レコード大賞企画賞を受賞、童謡ブームの火つけ役となる。1987年には童謡歌手としてNHK紅白歌合戦(第38回)へ9年ぶりに復帰し、以降2001年(第52回)まで紅白の常連として出演した。なお、1992年(第43回)には自身唯一の紅組トリを務めている。また2000年には、映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』の主題歌「この星のどこかで」を、安田と共に歌っている。

実姉の安田とのレパートリーは童謡・唱歌に留まらず、オリジナル楽曲、歌謡曲、クラシック、アニメ主題歌など多ジャンルに渡っており、特にスキャットで唄った「トルコ行進曲」は1997年の紅白歌合戦(第48回)において披露されたことで一躍全国に認知。X JAPANのTOSHIも「由紀と言ったら、トルコ行進曲」と歌番組共演時にリクエストするなど姉妹の代表曲として知られている。

夜明けのスキャット4.jpg

現在でも各地で精力的にコンサートを行う一方、女優・タレントとしての活動も盛んに行っている。 2009年には由紀さおりに改名し40周年にあたると、ソロ名義では約四半世紀ぶりのオリジナルアルバム「いきる」を発売。またソロコンサートも行い盛況を収めた。 「今後は姉妹名義の活動と並行しながら、(歌手としての)ソロ活動にも力を入れていく。21世紀の歌謡曲を歌っていきたい」と発言している。




世界が認めた由紀さおり 名曲熱唱30曲 - 由紀さおり







夜明けのスキャット(1969) - 由紀さおり







夜明けのスキャット - 由紀さおり







パフ / Puff,the magic dragon - Pink Martini&Saori Yuki







故郷(1972) - 由紀さおり







手紙 - 由紀さおり







手紙 - 由紀さおり







初恋の丘 - 由紀さおり







恋文 - 由紀さおり







挽歌 - 由紀さおり







慕情 - 由紀さおり







つかの間の雨(1976 紅白) - 由紀さおり







う・ふ・ふ(1977 紅白) - 由紀さおり







トーキョー・バビロン(1978 紅白) - 由紀さおり







赤とんぼ〜どこかに帰ろう - 由紀さおり







クレオパトラの涙 - 由紀さおり







生きがい - 由紀さおり







黄昏のビギン - 由紀さおり







サクラ - 由紀さおり







すみだ川 - 加山雄三 由紀さおり







たそがれタペストリー - 由紀さおり







アカシアの雨がやむとき - 由紀さおり







真綿のように - 由紀さおり







誰よりも君を愛す - 由紀さおり







愛の讃歌 - 由紀さおり







ガラスの日々 - 由紀さおり







ひまわりの小径 - 由紀さおり







ボタンとリボン - 由紀さおり.奥村チヨ.いしだあゆみ







涙そうそう - 由紀さおり







恋文(第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞) - 由紀さおり







いつでも夢を - 橋 幸夫.由紀さおり







つかの間の雨 - 由紀さおり







みんな夢の中 - 由紀さおり







季節の足音 - 由紀さおり







愛を切り札にして - 由紀さおり







テネシーワルツ - 由紀さおり







夜明けのスキャット(1977) - 由紀さおり







夜明けのスキャット - 由紀さおり







手紙 - 由紀さおり(1970)







手紙 - 由紀さおり







手紙 - 由紀さおり







恋文(1973) - 由紀さおり(1973)







トーキョー・バビロン(1973) - 由紀さおり







世界は二人のために - 由紀さおり







アカシアの雨がやむとき - 由紀さおり







サクラ - 由紀さおり







世界は二人のために - 由紀さおり







愛を切り札にして - 由紀さおり







たそがれタペストリー - 由紀さおり







挽歌 - 由紀さおり







黄昏のビギン - 由紀さおり







う・ふ・ふ - 由紀さおり







故郷 - 由紀さおり







生きがい - 由紀さおり







慕情 - 由紀さおり







見上げてごらん夜の星を - 由紀さおり







星に願いを(2004) - 由紀さおり







悲しい悪魔〜演奏ポール・モーリア - 由紀さおり







愛の讃歌 - 由紀さおり







季節の足音 - 由紀さおり







旅人よ - 加山雄三.由紀さおり







砂山 - 由紀さおり







いいじゃないの幸せならば - 由紀さおり







バラのためいき - 由紀さおり







夕月 - 由紀さおり







ヴァリーエ - 由紀さおり







君の名はさくら - 由紀さおり







クレオパトラの涙 - 由紀さおり
posted by ☆★ 杏子 ★☆ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ・昭和の歌姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176903781

この記事へのトラックバック