2010年09月03日

Motown(モータウン)で1959年から1977年にかけて活躍したDiana Ross(ダイアナロス)を中心とする3人娘!  「The Supremes」


The Supremes



The Supremes5.jpg

ザ・スプリームス(The Supremes)は、アメリカの黒人系女性ボーカル・グループ。1959年結成、1977年解散。長い活動期間の中で所属レコード会社や音楽性は何度か変わっているが、その全盛期は1964年から1969年までである。

The Supremes3.jpg

1959年、ザ・プライメッツ(The Primettes)として結成。オリジナルメンバーは、ダイアナ・ロスとメアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードにベティ・マグロウンの4人。ベディは、すぐバーバラ・マーティンに替わり、そのバーバラも抜けて1961年、ザ・スプリームスと改名してモータウンと契約した頃には3人組となっていた。

The Supremes6.jpg

スプリームスは、モータウンの社長、ベリー・ゴーディ・ジュニアの強力なプッシュを受け、ホーランド=ドジャー=ホーランドの作曲・プロデュースの下でヒットを連発した。そして、1964年の「Where Did Our Love Go? (邦題:愛はどこへ行ったの)」が、初の全米No.1となったのを皮切りに、シングルが5作連続全米No.1を記録、スプリームスは一躍全米のアイドルグループとなる。

The Supremes4.jpg

その後、1969年のダイアナ脱退前の最後のシングルとなった「Someday We'll Be Together (邦題:またいつの日にか)」まで、合計12作の全米No.1ヒットを生み出した。

1967年、ベリーのダイアナだけを前面に押し出した売り方に不満を募らせ、アルコール中毒に陥ったフローレンスが解雇され、シンディ・バードソングが加入。グループ名も、ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス(Diana Ross & the Supremes)となった。フローレンスは、その後ソロ歌手として2枚のシングルを出したがヒットせず、1976年に亡くなっている(この悲劇を脚色して描いたのが、ミュージカル「ドリームガールズ」である)。1969年には、ダイアナが独立し、ソロに転向・替わりのリード歌手としてジーン・テレルが加わる。

The Supremes1.jpg

ダイアナの抜けた70年代以後のザ・スプリームスは、ベリーの強力な後ろ盾を失ったことで次第にヒット・チャートからは遠ざかったものの、メアリーをリーダーとしてメンバーを入れ替えながら活動を続けた。1972年には、シンディの代わりにリンダ・ロウレンスが参加。1973年、ジーンとリンダが脱退し、再参加となるシンディとシェリー・ペインが加入。1976年には、再びシンディが抜け、代わりにスーゼイ・グリーンが参加した。

The Supremes7.jpg

1977年、最後のオリジナルメンバーであったメアリーが独立を決意し、ロンドンでフェアウェル・コンサートが行われた。一般的には、この時点でスプリームスの歴史は幕を閉じたとされている。

1986年、元メンバーであるジーンとシェリー、リンダの3人が集まり、新たにスプリームスとして活動を再開する。オリジナルメンバーのいないこのスプリームスは、The FLOS(The Former Ladies of the Supremes 、「元・スプリームスの淑女たち」の略)と呼ばれて、オリジナルとは区別されている。ジーンの引退など、若干のメンバーチェンジを経て、このグループは現在も活動を続けている。

The+Supremes+l_68318ee0a73a7f8bb5c6c9488cf5.jpg

一方、全盛期のメンバーであるダイアナとメアリー、シンディの3人での再結成の動きもなくはなかったが、1983年、NBCテレビの特番での騒動をきっかけに、ダイアナとメアリーの不仲が表面化し、マスコミで報じられた。

1988年、ロックの殿堂入りを果たす。

2000年、ダイアナは、スプリームス再結成ツアーの計画にメアリーとシンディを誘ったが、プロモーターの提示するダイアナとの待遇の違いから2人は固辞。代わりに、FLOSからリンダとシェリーが加わったが、高価なチケット代金に加えて全盛期のメンバーでない2人への風当たりは強く、この中途半端な再結成プロジェクトは、ツアー半ばで打ち切られた。



Stop In The Name Of Love(1965) - The Supremes







Where Did Our Love Go - The Supremes







You Can't Hurry Love - The Supremes







Love Ts Here And Now You're Gone - The Supremes







Forever Came Today - The Supremes







Up The Ladder To The Roof(1970) - The Supremes







Reflections(1967) - The Supremes







The Happening(1968) - The Supremes







Back In My Arms Again(1965) - The Supremes







Baby Love - The Supremes







Baby Love - The Supremes







Come See About Me - The Supremes







You Can't Hurry Love - The Supremes







You´ve Really Got A Hold On Me - The Supremes







REFLECTIONS - The Supremes







The Happening - The Supremes







My World Is Empty Without You - The Supremes







Love Child - The Supremes







I hear a symphony - The Supremes







Stoned Love - The Supremes







You Keep Me Hangin' On - The Supremes







Up The Ladder To The Roof - The Supremes







Someday We'll Be Together - The Supremes







Medley - The Supremes







Your Heart Belongs To Me - The Supremes







Nothing But Heartaches - The Supremes







Bring it on home to me - The Supremes







Reflections and The Lady is a Tramp - The Supremes







I hear a symphony - The Supremes


最後までご覧くださって、ありがとう\(^^\)(/^^)/ございます
ランキングに参加しているの(*v.v)ポチッと応援お願いネm(_ _)m

にほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへにほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へにほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング・にほんブログ村へ


Dream Girls-the_supremes.jpg


The Supremes2.jpg
posted by ☆★ 杏子 ★☆ at 07:21| Comment(0) | ・50-70's Girls Group | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。